SEACTテストの採点方法はどのようになっていますか?

2020年7月24日 CATEGORY -

A 第一段階において、基本的に面接のやり取りを音声記録した上で、実際に面接する面接官が一問一問点数付けをしていきます。ただし、面接官が二人一組となり、試験終了後、記録されたやり取りを確認して、同じように点数を付け、それを合計することで採点の偏りをなくします。そして、その偏りがあまりに大きい場合には、その記録を本部にて検証するものとします。第二段階においては、ネイティヴ試験官が、その音声記録の「クレーム対応問題」の部分を、第一段階とは別の視点から精査することで、それ以上の評価を行うという形をとります。